びわの葉温灸、びわの種粉末、びわの葉茶、びわの葉エキス、九州産無農薬びわの葉をご自宅にお届けいたします。

  • 新規会員登録
  • ログイン
  • カートを見る
facebook twitter

びわ療法について

さまざまなびわの葉療法のご案内

1.びわの葉療法の歴史

1)釈迦三千年の仏教医学

インドのお釈迦様の経典(仏典)のひとつ『大般涅槃経』(だいはつねはんぎょう)の中で、びわの木は「大薬王樹」、びわの葉は「無憂扇」と呼ばれ、大変優れた薬効があると伝えられています。
例えば、「大薬王樹、枝、葉、根、茎ともに大薬あり、病者は香をかぎ、手に触れ、舌で舐めて、ことどとく諸苦を治す」と記されています。
また、中国の明時代(1366-1644)に発行された『本草網目』(1956年、李時珍著)の中にも、びわの葉の効用についての記述があります。

・・・・・・・・・・「本草網目」・・・・・・・・・・(李時珍著・中国の明時代)

中国が明であった時代の篤学者、李時珍の著で、我が国の漢方医学の発達に大きな影響を与えた漢方所「本草網目」には、「枇杷」という名称は、その形が楽器の「琵琶」に似ているから名づけられたものだと、先ず説明しています。
そして枇杷場修治のの一節に「凡そ採集したならば、秤って湿葉(生の葉のこと)の重さ一両、乾かしたもの三様で、重さ一両のものならば、気が十分にあって用いるに堪える。嘔吐の止まらぬもの、産後の口乾、煮汁を飲めば渇疾に主効があり、肺気熱嗽及び肺風瘡、胸、面上の瘡を治す。胃を和し、気を下し、熱を清し、暑毒を解し、脚気を療ず」とあって、その効果の素晴らしさを賞賛しています。

2)奈良時代に仏教とともに中国から伝来

禅文化研究所の文献によれば、びわの葉療法は鑑真和尚(唐招提寺建立)が中国から日本に伝えられたとされています。特に、時の天皇、聖武天皇のお妃の光明皇后が730年に「施薬院」(今の病院)を創設し、そこでもびわの葉療法が行われていました。
一般には、お寺の僧侶が寺の境内にびわの木を植えて壇家の人々や村人にびわの葉療法を行いました。しかし一般には「びわの木を庭に植えると病人が絶えない」とか「縁起が悪いのでびわの木を庭に植えてはならない」という迷信がありました。

3.びわの葉の使い方いろいろ

具体的には以下のようなものが挙げられます。

1)びわの葉を直接患部に貼る方法

びわの葉は色の濃い古い葉を使用します。これを患部に当てて貼っておくと、体温によりびわの葉が温められて薬効成分が少しずつ皮膚から浸透します。体温で葉がすぐにバリバリになるので、葉の上にラップや油紙を貼っておくとより効果的です。

2)金地院療法(びわの葉をあぶって撫でる方法)

臨済宗の寺、金地院(こんちいん:静岡県引佐郡細江町)で河野大圭(こうのたいけい)師が行った療法です。
緑の濃い厚手の生葉の光沢のある表面を焦げない程度に火であぶり、2枚合わせて両手で10回ほど摺り合わせ、これを1枚ずつ両手に持って熱いうちに皮膚に直接密着させ、押し揉むようにして撫でます。 
撫でる場所はまず腹部を6~7分、丹田とみぞおちを入念に行い、その後、背、肩、腰、尻まで全部で10分程度行います。最後に局所、例えば肝炎なら肝臓部の腹部と背部に行います。

3)びわの葉温灸(びわの葉に棒もぐさを使う方法)

びわの生葉に棒もぐさを使用する温灸法で、一般に大変よく普及しています。栃木県真岡市の長蓮寺が発祥の地と言われ、現在はそのお寺出身の濱田峯瑞先生や自然療法研究所の神谷富雄先生が普及しています。びわの葉を患部やツボに当て、その上に棒もぐさを立てて温灸します。ただ、煙が出る、においがする、などの弱点もあります。
商品はこちら

4)びわの葉エキスの温灸(もぐさ式温灸器)

特殊な器具(もぐさ式温灸器)の先端部にびわの葉エキスを染み込ませ、棒もぐさを使って行います。
これは熊本県の島田修先生らが普及している方法です。びわの葉エキスを使用するため、特に身近にびわの葉がない地域の人々は重宝します。ただ、もぐさを使うので煙やにおいがあります。

5)遠赤外線式温灸器(ユーフォリアQびわ葉温圧器)

遠赤外線の熱でびわの葉エキスを蒸気かして皮膚から浸透させます。
遠赤外線は他の熱源に比べて深達力が強く、エキス成分を多く吸収させることができます。
当社が販売している遠赤外線式温圧器(ユーフォリアQ)は医療器具としての認可を受けており、具体的な効能効果としては、
1.疲労回復
2.血行を良くする 
3.筋肉のこりをほぐす
4.筋肉の疲れをとる
5.神経痛・筋肉痛の緩和
6.胃腸の働きを活発にする
が挙げられています。
「ユーフォリア」は「至福」という語意で、この温圧器で最高の幸福の境地が実感できるという意味です。
実際に使ってみると、大変に気持ちが良いのが実感できることでしょう。もぐさを使わないので安価であること、灰や火の粉が飛ばず安全であること、などの利点もあります。
このため、自宅やマンションはもちろんのこと、ホテルや病院などでも安心して使用することができます。
商品はこちら

6)枇杷葉湯(びわようとう:びわの葉茶)

びわの葉を煎じて飲む方法です。昔から夏負けや暑気あたりなどに愛飲されてきました。まったくクセのない味で、誰にでも抵抗なく飲めます。
商品はこちら

7)びわの葉風呂

びわの葉を煮出し、煮出し湯をその葉と一緒に風呂に入れます。温泉に入った時のように身体の芯から温まり、湯冷めしにくくなります。 当社では、家庭でも簡単にびわの葉風呂が楽しめる「びわ葉のゆ」を販売しています。
商品はこちら

8)びわの種

当社では、焙煎した種を微細粉末にしたものや、さらにそれを錠剤タイプにしたもの(びわまる)も販売しており、誰でも手軽に試せるようになりました。
商品はこちら

9)びわ化粧水

びわの葉を使った化粧水です。
商品はこちら

10)びわの葉酒

普通の果実酒を造る要領で、よく洗ったびわの葉をホワイトリカーに漬けこんだものです。
びわの葉酒を薄めてうがいしたり、薄めたものを蒸気吸入器に入れて使用するのも良いようです。
また、びわの葉エキスを使った温湿布という方法もあります。

11)びわ玄米酢ドリンク

昔から健康に良いと言われている玄米酢(くろ酢)にびわのエキスを配合した健康ドリンク(枇杷泉)も販売しています。
商品はこちら

営業日
  • 今日
  • お休み

いつも枇杷の夢をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。18日19日はお休みとさせて頂きます。
発送は、順次発送させて頂きますのでご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

枇杷の夢のメルマガに登録されますと、お得な情報を優先的に配信させていただきます。是非ご登録下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

枇杷の夢のお店紹介

ご来店いただき誠にありがとうございます。びわの葉温灸やびわ葉茶をはじめとした自然療法の商品を扱っております。枇杷の夢の「お気に入りに追加」はコチラです↓


店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ